山形緞通 PUBLISHING | 山形緞通 | じゅうたん ラグ カーペットブランド

ずっとそこにあったかのように。(2020年7月10日)

こんにちは。7月10日、金曜日です。山形は、小雨が降ったりやんだりの梅雨模様です。

工房を整理していましたら、天童木工さんの初期プロダクト、ビンテージの「フォーム・ラウンジチェア」が見つかりました。

さっそく山形緞通に使用する染色済みの糸たちと並べると、見事に調和し、おさまりがよいです。長い時間が経過し、薄くなったこげ茶のベルベット地に、色とりどりのじゅうたんの糸が映えています。


長い時間をたどってきたものが、あたらしい場所に「まるでずっとそこにあったかのように」自然と溶け込み調和するとき、美しい風景が生まれます。

時代を超える普遍的な力をもつ、ものづくり。私たちが生み出すじゅうたんも、こうして年月を超えて人々に愛してもらえますように。

 

TEXT BY TAKASHI WATANABE / 渡邊貴志