トップ > 会社案内 > 会社沿革

会社沿革

社長写真

かつて、綿織物の町として栄えた山形県山辺町。
当時女性の働く場は少なく、地域再生のため、じゅうたんづくりを産業として広めていきたいという思いから、創業者・渡辺 順之助は「ニッポン絨毯製造所」を創設しました。
昭和10年、シルクロードを渡った織物技術を学ぶため、中国から技術者を招き、それから、 素足の生活様式に合わせ、独自のものづくりを続けてきました。
足もとからおもてなしをしたいという先人の思いと織物の技術は、今も生き続けています。

昭和10年
山形県山辺町(やまのべまち)に北京から張春圃、侯雨青ら緞通技術者を招き、創業者渡辺順之助ら純正高級手織絨毯(緞通)の製造を始める。
昭和21年
大戦によって中断されていた絨毯製造を再開。現社名の会社設立。
昭和23年
貿易再開とともに対米輸出を始める。
昭和25年
マーセライズ(化学艶出仕上)の研究により品質基準を解明、優良品造出の基盤を確立する。
昭和35年
昭和天皇・皇太后両陛下工場ご視察。
昭和39年
バチカン宮殿法皇謁見の間に納入。
昭和43年
新宮殿造営に際し、長和殿、表御座所全室に手織緞通、及びウイルトンカーペットを製作納入。
昭和46年
クラフトン(手刺緞通)本格生産に入る。
昭和47年
天皇・皇后両陛下(当時皇太子同妃両殿下)工場ご視察。
昭和49年
迎賓館赤坂離宮各室の緞通製作納入。
昭和57年
常陸宮同妃両殿下工場ご視察。
昭和59年
秩父宮妃殿下工場ご視察。
平成4年
皇太子殿下工場ご視察。
平成5年
新吹上御所造営に際し、「御進講室」「応接室」等に手刺緞通を製作納入。
平成16年
京都迎賓館新築に際し、貴賓室、会談室等に手織緞通、手刺緞通、及びウイルトンカーペットを製作納入。
平成18年~21年
山形工房(山形カロッツェリア研究会)のブランドで、国際見本市メゾン・エ・オブジェ(パリ)の「インテリアシーン」に4年連続出展。
平成18年
手織絨毯・インペリアル、手刺絨毯・クラフトンが山形県より「山形セレクション」として認定を受ける。
平成18年
経済産業省より「明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社」に選定される。
平成19年
高円宮妃殿下工場ご視察。
平成20年
山形工房(山形カロッツェリア研究会)のブランドで、ミラノ国際家具見本市「ミラノ・サローネ」に出展。
平成21年
経済産業省「第3回ものづくり日本大賞・経済産業大臣賞」受賞。
平成25年
個人ユース向け「山形緞通」ブランドを立ち上げる。
平成26年
秋篠宮妃殿下・長女眞子さま工場ご視察。