ものづくり

「 品質こそ、デザインなり。 」

山形緞通の最大の特徴は、製品の極めて高い品質と耐用性です。特に、手織りのじゅうたんは、百年ご愛用いただける最上級の品質であり、歳月の経過につれて、その風合いと肌触りが艶やかに増してゆきます。これらを支えるのは、上質な原料(羊毛)に対する創業時からの研鑽とこだわり。そして、日本で唯一、糸づくりから染色、織り、仕上げまで、じゅうたんの全製作工程を自社工房で一貫管理する、厳格な生産体制です。工房に深く息づく「品質こそ、デザインなり」の精神が、ものづくりを支えています。

じゅうたんづくりの工程

原料

原料となる羊毛は、上質なニュージーランド産羊毛とイギリス産羊毛です。選び抜いた複数種を、剛直性、弾力、柔軟性、肌触り等の観点から、各製品に最適な割合でブレンドし、オリジナルの原料を用意します。

染色

専門の職人を有する自社の染色工房で、羊毛の試験染め、耐摩耗、耐光テスト等を繰り返し、各製品に最適かつ、堅牢な染色を行います。染色工房には、これまで山形緞通が制作した2万色以上の染色羊毛がストックされています。

織り

自社のデザイン室で作成された各製品の原寸大製作図面(設計図)に合わせて、「手織」と「手刺」の2種類の技法で、じゅうたんを織り上げます。繊細かつ丁寧な根気を要する織り工程は、山形の職人たちの集中力が発揮されます。

[ 織りの種類 ]

手織(ており)

方眼紙のような細かい製作図面に合わせて、縦糸に横糸を指で結び、カットします。専用の道具で折り目の密度を一定に整えながら、この作業を一日数千回繰り返し、じゅうたんを織っていきます。正確な反復作業の中で微細な調整を絶えず行う高度な手仕事であり、一日に織り上がる長さは数センチ程度です。

手刺(てさし)

原寸大の製作図面を基布に転写し、フックガンという専用の工具で羊毛を打ち込み、刺繍のようにじゅうたんを織っていきます。職人が工具と一体になり、図面に対して正確な動作を行うと共に、常に一定の力で高密度に羊毛を打ち込んでいくには、修練による高い技術を要します。

仕上げ

織り上げたじゅうたんに、表面仕上げのシャーリング、エンボス仕上げのカービング、シルケット加工のマーセライズ、手鋏やピンセットによる毛分け、端(耳)のなだらかな調整、遊び毛のカット等、製品に応じた様々な仕上げを施します。最後まで、緻密な職人の手仕事を経て、一枚のじゅうたんが完成します。

じゅうたんのメンテナンス・クリーニング

山形緞通の全製品は、自社工房でのメンテナンス・クリーニングを承っております。上質な羊毛、堅牢な染色、緻密な織りの技術で製作されたじゅうたんは、適切なお手入れを行うことで、末⻑くご愛用いただけます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

east